NO MOVIE! NO LIFE!

映画やドラマのあらすじ・ネタバレ・キャストなど最新情報を発信するサイト

映画(国内)

エルネストあらすじ・キャスト・ロケ地紹介!オダギリジョー主演10月6日公開決定!

投稿日:2017-08-23 更新日:

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

 

日本とキューバの合作、

「エルネスト」

10月6日(金)に公開されます。

 

原作はマリー・前村・ウルタードと、

エクトル・ソラーレス・前村の共著

『革命の侍』

映画「エルネスト」は、

キューバの革命戦士エルネスト・チェ・ゲバラ

とともに闘った、

日経ボリビア人フレディ・前村の物語です。

 

没後50年経った今でも、

反帝国主義のカリスマとして

世界中にその存在が息づいている

エルネスト・チェ・ゲバラ。

 

その英雄と、25歳の若さで亡くなった

日系ボリビア人前村。

2人の熱い意志が今年、スクリーンで甦ります!

スポンサーリンク

作品&キャスト・監督紹介

この映画の撮影は、

昨年の夏からキューバと日本で

行われていました。

 

大半はキューバでの撮影ですが、

彼の後の生き方に影響を与えたという、

ゲバラが実際に訪れた日本の地でも、

撮影は行われました。

 

25歳という若さで生涯を終えた

フレディ前村。

2人のエルネストは、

日本とキューバへ何を描いたのでしょうか。

 

エルネストは日本とキューバの合作映画

1967年、エルネスト・チェ・ゲバラと

フレディ・前村は、ともにその生涯の幕を閉じました。

 

あれから50年、

キューバの英雄が再び登場!

 

二人のエルネストは何を語りかけるのでしょうか。

 

今回、日系ボリビア人のフレディ・前村を演じるのは、

数々の海外作品にも出演している

俳優オダギリジョー

 

エルネスト・チェ・ゲバラを演じるのは、

その容姿だけではなく、

精神的なものでゲバラと通ずるものがあると

選ばれたホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ

 

そのゲバラ役を選んだ、

脚本・監督を務める阪本順治

阪本監督とオダギリジョーはこの作品で

3度目の顔合わせとなります。

 

また、たくさんの名作を生み出している阪本監督は、

実在した人の映画は初めてだとか。

 

日本とキューバ、

48年ぶりの合作映画となる「エルネスト」。

秋まで待てないあなたに、あらすじをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

エルネストあらすじ

1941年10月

とても貧富の差が激しい街に、

日系ボリビア人、フレディ・前村・ウルタードは生まれた。

 

貧富の差があるものの、

フレディの家はとても裕福な家庭だった。

 

だがフレディは、貧しい友人にも気遣い、

思いやりがある優しい心を持った少年へと成長していく。

 

やがて彼は、人々を助ける道を選び医師を志す。

そして、キューバにある医学校、国立ハバナ大学へと留学をする。

 

その頃のキューバは危機にさらされていた。

そんな荒れた空気の中出会ったのが、

革命家エルネスト・チェ・ゲバラだった。

 

フレディはゲバラの心にすっかりと魅了されてしまった。

 

やがてゲバラは母国の革命運動の支援のため、

ボリビアへ潜入することを決意。

彼自身のファーストネームである

「エルネスト」をフレディへ授けた。

 

戦士名エルネスト・メディコを授けられたフレディは、

ボリビアへ潜入したゲバラの後を追い、

彼が指揮するゲリラ部隊へ参加する。

 

2人は軍事政権に立ち向かい、

国民のために命を捧げる決意をする・・・。

 

エルネスト広島もロケ地に!撮影場所教えます

エルネストの大半のロケは

キューバで行われました。

 

撮影が始まった昨年の8月、

日本から撮影をスタートしました。

 

日本のロケが行われたのは、

生前ゲバラが訪れたことのある広島でした。

 

彼は親善使節団の一員として来日しています。

その時に訪れたのが広島平和記念公園でした。

 

ゲバラは原爆投下の惨状を目の当たりにし、

とても心を痛めたそうです。

そして帰国後、広島の状況をキューバへ伝えました。

 

それ以来、キューバの小学校では8月6日と9日、

広島と長崎への原爆投下について

取り上げるようになりました。

 

今回ゲバラを演じるホワン・ミゲル・バレロ・アコスタが、

撮影のため広島へ訪れた際、

すぐに資料館へ向かったそうです。

 

悲しみで胸が締め付けられ、

喉がつかえて言葉が出なかったと話しています。

 

8/18~8/21まで行われた広島ロケ。

撮影された場所をお伝えします!

 

広島平和記念公園

(広島平和記念公園の住所:広島県広島市中区中島町1-1)

昨年5月にオバマ大統領が訪問されたことで

大きな話題となりました。

毎年8/6には、平和祈念式典と黙とうが行われています。

平和記念公園は今回の映画のクランクインの

場所となりました!

この平和記念公園での撮影は、

広島でニュース発表されたそうです。

 

広島平和記念資料館

(広島県広島市中区中島町1-2)

広島平和記念公園内にある資料館です。

原爆資料館とも呼ばれています。

 

ここでは、日本と南米を結ぶことになる、

重要なシーンが撮影されました。

ニュースだけではなく、

広島で撮影については新聞にも大きく掲載されました。

スポンサーリンク

ツイッターの反応と評価

エルネスト(2017年製作の映画)
 
4.4
エルネスト
10/6公開ですが 一足早くレビュー。

チェ・ゲバラのファーストネームである「エルネスト」の名を授けられた日系人 フレディ前村ウルタードを描いた実話ベースの物語。
1962年
日系二世の青年 フレディ前村ウルタード(オダギリジョー)は、故郷ボリビアのために医者となるべくキューバの国立ハバナ大学へと留学する。
大学生活・キューバ危機・ゲバラ(ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ)との出逢いを経て着実に成長していくも、ボリビアでの軍事クーデターを知り革命支援隊へと加わる決意をするのであった。
自らの信念を貫き通した男達の姿を通し、自身の心で決断していくことの価値を描いた作品だ。

思い知らされた
如何に自分が流されて生きているのかを
決断することを避けて生きているのかを
二人の男の生き様を前に自覚させられた。

チェ・ゲバラ
その名を耳にすると、何となく知っておかなければいけない空気感が漂う
知らずにいる無知な自分がバレるのも嫌
だったらこんな作品は観ない・触れない・関わらない
もしかしたらそんな思考が働く人もいるのかもしれない
年代によってはピンとこない存在なのかもしれない

どうか安心して欲しい
ぼくも大して分かっちゃいない
彼の若かりし頃を描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観るまで、チェ・ゲバラが本名だと思っていた
今作を観るまで、彼が広島を訪れていたことさえ知らなかった
タバコのパッケージやTシャツのアイコンとしての印象の方が強い位
そんな認識でも十分響いた
というか、万人の心に響くモノが描かれていた
不要な思い込みによってハードルを上げてしまっているのだとしたら、取っ払って欲しい
歴史や政治に疎いぼくですら胸打たれたのだから、あなたの心にだってきっと届くはず。

毎年8月になれば誰もが戦争の犠牲者を悼む
繰り返してはならぬと戒めのように心に刻む
原爆の存在を拒否する
そう思っていた
あなたを否定するわけでもないし、全ての人がそうだと言うつもりもない
が、悼んだつもりに 刻んだつもりに 拒否したつもりになっているだけの人が多い
少なくともぼくはその内の一人
教育・モラル・世間の風潮に従っているだけで、自ら生み出した強い想いを宿しているわけではない
外国人であるゲバラが広島の地へ、平和記念公園へ訪れる姿を見ていて思った

ぼくは日本人であるにも関わらず、献花や黙祷のために広島・長崎へ訪れたことが一度もない
訪れることだけが全てではないことも分かっちゃいるが、自国のことだというのにゲバラ程向き合ってもいない
平和や自由について考えてもいない
考えたとしても8月だけ、戦争を扱う物語に触れた時だけ
「原爆を落としたアメリカを何故追い出さない」と言うゲバラの問いにだって答えられない

自由のために闘うゲバラ
故郷のために医学を学ぶフレディ
日本人としての誇りも自覚も欠けた自分
自分で自分が情けなくなった。

流されるがまま生きていれば 他人に決断を委ねていれば、キツいことも少ないし 深く傷付くこともないだろう
大きな責任も伴わないし、人のせいにだってできてしまう
それなりの幸せだって得られるのかもしれない

けれど、真に価値あるモノを得られるのはいつだって自ら決断を下した時
仮に失敗したとしても、自分で決断したのならば受け入れられる
その経験を糧とし、次に活かすことだってできる
だが、他人任せの決断では何も得られない
糧になどできやしない
自ら生み出した想いなくして前へなど進めない。

誰だってはじめは親の敷いてくれた道を歩んで生きる
親元を離れることで、自らの道を模索していく

人生に正解はない
あっても人それぞれに答えは異なる
既存の選択肢の中で満足できる人もいれば、自ら選択肢を創出しなければ幸せを得られない人だっている

魅力的な人に乗っかるのも一つの手
絶対的な信頼を置ける人ならばアリだろう
問題は、その人を欠いてしまった時にどうするか
Google先生を正とし、辞書を引く機会すら減ってきた現代
ネットの情報で何でも賄えてしまうのも事実だが、自分の心で 五感で体験していかない限り血肉にならない
自分のモノにはできやしない

フレディ前村ウルタード
彼の存在を知ることができて本当に良かった
チェ・ゲバラからの助言を胸に成長していく彼の姿に勇気を貰った
自分で決断し、失敗も成功もその心でしっかり噛み締める
現状そうできていない自分がいるからこそ、彼の姿勢に引き込まれた。

近い将来、広島にも長崎にも行こうと思う
いや、思うんじゃなくて必ず行く
日本人として恥ずかしくない生き方をしていきたい
他の誰でもない
自分自身の人生を、自らの決断を以って歩んでいきたい。

キューバに初めて訪れたフレディの姿は、高校を卒業して上京したばかりの若者と同じ
かつてのあなたやぼくと変わらない
そこから先、どう生きていくか
その違いだけ

チェ・ゲバラ没後50年となる2017年
歴史映画としての側面もありますが、より良き人生を歩むためのヒントを与えてくれる作品でもあったと思います。

ぜひ劇場でご覧ください。

まとめ・感想

この映画のため、オダギリジョーさんは

半年間スペイン語の勉強をしたそうです。

細身の体も、役のために少し太ったとのこと。

意気込みが感じられますね。

 

戦争という言葉、

今の若い子たちにはピンとこない言葉なんでしょうね。

 

体験をしていない私もそうです。

平和な国と言われている日本ですが、

母国のために熱くなる人たちがいたことを、

決して忘れてはいけないと思います。

 

たくさんの悲しいストーリーがあって

今の時代があります。

どうか、子供たちが、悲しい思いをすることがないように、

平和な日本が続きますようにと

願わずにはいられません。

 

母国を守るために戦ったこの二人の戦士、

しっかりと目に焼き付けに行こうと思います!

 

公開日は

2017年10月6日(金)

となっています。

ぜひ、劇場で鑑賞してみてください!

スポンサーリンク

 

次のおすすめの記事はこちらです↓

スクランブル【映画】あらすじネタバレと結末予想!スゲー車ばっかり登場するよ!

 

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

-映画(国内)
-あらすじ, エルネスト, オダギリジョー, キャスト, ロケ地

執筆者:アンジー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先生!キャスト・原作あらすじ・ネタバレを紹介!禁断の初恋映画で広瀬すずの演技進化が止まらない!

スポンサーリンク スポンサーリンク 別冊マーガレットにて1996年から2003年という 長期連載漫画だった「先生!」が実写版として公開されます。   今から10年以上前の漫画だからストーリー …

ユリゴコロキャストとあらすじ・ネタバレの映画紹介!伝説のイヤミス小説の完全実写化が公開される!

スポンサーリンク スポンサーリンク 出典:映画.com イヤミスの旗手、沼田まほかるさんの人気作『ユリゴコロ』が 2017年9月に実写映画として公開されます。   5年ぶりに映画で主演を務め …

映画ナミヤ雑貨店の奇蹟キャスト・ロケ地紹介と回答は牛乳箱舞台化についての紹介

スポンサーリンク スポンサーリンク     私が非常に興味深くチェックしている映画は9月公開予定のナミヤ雑貨店の奇蹟です。 もともとの原作が東野圭吾さんの作品。 原作があるというこ …

全員死刑キャスト・公開日・あらすじ・実話とネタバレのまとめ!大牟田は修羅の国なのか!?

スポンサーリンク スポンサーリンク   2004年9月、福岡県で発生した強盗殺人死体遺棄事件、 通称「大牟田一家4人殺害事件」。 この実際に起きた事件をモデルにした映画が登場しました。 &n …

月と雷映画あらすじとネタバレ・キャスト紹介!原作のイメージ通り?初音映莉子と高良健吾が共演

スポンサーリンク スポンサーリンク   直木賞作家、角田光代さんの長編小説 「月と雷」 がついに映画化!   角田さんと言えば 「八日目の蝉」「紙の月」など、 女性としてどのように …