NO MOVIE! NO LIFE!

映画やドラマのあらすじ・ネタバレ・キャストなど最新情報を発信するサイト

映画(国内)

ゆらり 映画あらすじ・ネタバレ・豪華キャスト&公開日のまとめ!アキラ100%の衣装は・・・

投稿日:2017-09-28 更新日:

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

 

脚本家の西条みつとしが2012年から始めた劇団「TAIYO MAGIC FILM」。

この劇団が舞台で発表をした「ゆらり」が、映画化されスクリーンに登場します!

 

もしあの時、別の選択をしていたら・・・。

そんな、誰もが家族に抱く葛藤や小さな後悔。

 

「ゆらり」はそういった感情を、現在・過去・未来の自分を通して正面から向き合えるようにと、

そんな思いが込められて作られたそうです。

 

そこで、今回はこの「ゆらり」のあらすじと、ネタバレも少しありますが、

見どころなどについてもお伝えしてきたと思います。

また、キャスト&公開日についてもご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

「ゆらり」の あらすじ

時は現代。石川県にある静かな町にある民宿「赤木箱」。

この民宿の女将は泉凛香、アルバイトで働いているのが瞳だ。

凜香にはゆかりという娘がいる。

接客をこなしている凜香には、ゆかりが邪魔になることもあり、

冷たく突き放してしまうことがあった。

 

そんなある日、高山という中年男たちが宿泊客としてやって来た。

なぜか瞳への対応がそっけない高山。

 

一方、きつく突き放されたゆかりは激しく落ち込み、ショックを隠し切れない。

父の孝介に自分のことを誘拐して、母親が心配をするよう仕向けてほしいとお願いをする。

孝介はゆかりの気持ちを思い、二人で嘘の誘拐事件を計画し始める。

 

時は未来。木下ゆかりは、息子の青空を一人で育てているシングルマザーだ。

ある日青空が、神様なんていないと悲しそうにゆかりへ語りかける。

 

学校で、神様はいないという話が出たらしい。

ゆかりはそんな青空に、神様はいると優しく話し、あるポストをプレゼントする。

それは祖父が、自分が幼い頃にマジックを見せるために使っていたものだった。

それを、神様から手紙が届く箱だと、青空へ渡した。

 

その日からゆかりは、神様宛に書いた青空の手紙に毎日返事を書いていた。

神様からの手紙を毎朝嬉しそうに読んでいる青空を見ているのが、小さくもとても幸せな時間だった。

 

しかし、ゆかりは体調が悪くなっていた。

日を追うごとに体調はどんどん悪くなり、ゆかりは入院することになった。

青空の父親、正樹に連絡をし、青空を預けなければいけなくなった。

やり場のない悲しみと怒りがこみ上げるゆかり。

そのやり切れない感情を抱え、ある日、青空へ神様はいないと、怒鳴ってしまったのだ。

 

時は過去。場所は民宿「赤木箱」。

民宿の娘、凜香は女優になるために家を出ていた。

だがその夢が叶わず、実家である民宿へ戻って来ていた。

 

戻って来た凜香は、母の美和となかなかうまくいかない日々を送っていた。

父の幸雄が凜香をなだめるが、それでも美和への態度が変わることはなかった。

 

ある日、凜香の友達が民宿へ遊びに来てくれた。

懐かしの再開に凜香も友達も大いに喜んだ。

凜香たちは、ふと妙なリモコンを発見する。そのリモコンにはこんな注意書きが書かれている。

 

「このリモコンを利用してその時間に何をしても、未来の出来事は変えられません。

多少の時間のずれは起こりますが、本来の時間の流れに戻っていきます」

凜香たちがふと手にした謎のリモコン。

 

そのリモコンが見せる世界は、彼女たちを思いもよらない事態へと巻き込み始める・・・。

スポンサーリンク

 

「ゆらり」のネタバレ

やはり映画の見どころは、何と言っても監督の描く世界観ですよね。

後程、豪華キャストのご紹介はしますが、

ここで一足先に監督と、ネタバレ要素が少しありますが、

今回の撮影場所についてもご紹介をしたいと思います。

 

まず本作品の監督を務めたのは横尾初喜監さん。

横尾監督は、これまで数多くのドラマやMVを手掛けてきましたが、

この「ゆらり」が劇場映画の初監督作品となりました。

この「ゆらり」は最初にお伝えしたように、西条みつとしさんの舞台が映画化されたものです。

 

この舞台上演後、横尾監督自らが西条さんに、映画化をとても熱心にお願いしたそうなんです。

舞台と映画では演出などもまったく違いますが、

横尾監督にはスクリーンでの「ゆらり」が見えていたんでしょうね。

 

この映画の撮影が行われた場所が、石川県の能登島なんです。

映画の舞台となっているのが石川県の老舗旅館の赤木箱で、昨年の6月にロケが行われていました。

 

この能登半島に能登島、昔から歌でも有名になっており、

年間100万人もの人が訪れる観光スポットになっています。

 

この能登島での撮影については、横尾監督が自身のツイッターで

「映画「ゆらり」能登島での撮影終了!」とアップされていました。

 

能登島は、石川県の七尾市というところに位置します。

映画を観る前に下調べ、または映画を観た後の余韻で、一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

「ゆらり 」豪華キャスト紹介

この映画はダブル主演という形で描かれています。

主演を含め、豪華キャストをご紹介していきたいと思います。

 

内山理名(木下ゆかり)

主演の一人が内山理名さんです。ここでは未来の時間で、

シングルマザーの木下ゆかりを演じました。

内山さんは高校1年生の時、夏休み最後の日にお昼寝をしていたところ、

友達が連れてきた芸能事務所の人間にスカウトされたことがきっかけで、

この世界へと入ったそうなんです。

ちょっとユニークなお話ですね。

1998年委CMでデビューをし、

その年にはテレビドラマ「美少女H」で女優デビューを果たしました。

その後、ドラマを始め映画、舞台にと大変多くの作品に出演されており、

日本を代表する女優とも言えます。

生年月日が同じ片瀬那奈さんと大親友なんだそうです。

 

岡野真也(泉凛香)

もう一人の主演が岡野真也です。

現在の時間で赤木箱の女将泉凛香を演じています。

テレビドラマや映画に多数出演、また、数多くのCMにも出演されています。

中学1年生の時に、父親が薦めたスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスへ応募、

ファイナリストに選ばれたことがきっかけで現在に至っています。

この泉凛香役は、自身の母親に相談をしながら役作りをしたとのこと。

家族を想いながら演じていたそうです。

 

戸次重幸(高山)

現在シーンで赤木箱の客として登場している高山を演じたのが戸次重幸さんです。

北海道出身の戸次さんは、大学時代に大泉洋さん、安田顕さんらと出会い、

1回だけのユニットTEAM NACSを結成したそうです。

その後、再結成されたTEAM NACSのメンバーとして活動されていました。

大泉洋さんが所属している劇団イナダ組にも在籍していたことがあり、

その高い演技力はその頃から評価されていたそうです。

同月公開予定の「エキストランド」にも出演予定されています。

 

山中崇(凛香の夫・孝介)

娘と嘘の誘拐事件を計画する父親役を演じているのが山中崇さんです。

山中さんは数多くのドラマ、映画、舞台に出演されており、

日本では欠かせない名脇役と言えるかと思います。

誠実そのものの役柄を演じたかち思ったら、最低人間の役柄を演じ切ってしまう、

その演技力の高さは本格的俳優さんとも言われています。

個性が強すぎない個性派俳優さん、

今の日本にはなかなかない存在だと思います。

 

萩原みのり(アルバイトの瞳)

ここでも少しネタバレしますが、赤木箱のアルバイトとして働いている瞳。

彼女は父親に捨てられたと思い込んでいる娘だったんです。

そんな難しい役を演じたのが萩原みのりです。

彼女、元々は新体操の選手になるのが夢だったそうです。

中学時代に体調を崩し、その夢を諦めようと考えていた時に、地元名古屋でスカウトされました。

きっとこの世界に入るべくして入ったんでしょうね。

2012年にCMでデビューをしてから、ドラマ、映画にと活躍の場を広げています。

翌年公開の映画「ルームメイト」では初主演をこなすほどの実力の持ち主です。

 

その他にも未来の時間でゆかりの別れた夫役に平山浩行さん、

過去の時間で娘と上手くいかない母・美和役に鶴田真由さん、

その夫に渡辺いっけいさんと、個性派俳優さんたちが勢ぞろいしています。

 

そして、赤木箱の宿泊客の高山(戸次重幸)の後輩・保科役で登場するのが遠藤久美子さん。

そうなんです。この「ゆらり」の横尾監督の奥様です。

夫婦初の共演となるわけです。

 

そして、なんと、今回は今超話題の芸人、アキラ100%も出演しているんです!

何役かは、映画をじっくり観て探してみて下さい。

服を着ているアキラ100%が真剣に演じていますよ。

 

「ゆらり」の劇場公開日

2017年11月4日(土)

から全国公開となっています!

 

まとめ・感想

こういった現在過去未来が入り混じっている物語、とても面白いですよね。

 

あの時こうしていれば・・・なんていう後悔、

きっと誰にでもあると思います。

 

過去は変えられないとよく聞きますし、よく言います。

でも本当にそうでしょうか?

今の自分、これからの自分が重要ですよね。

 

今この時を精一杯楽しんで生きるということが大切ですよね。

今の自分を精一杯いきているということは、今までの自分がいなければ成り立ちません。

となると、今精一杯生きている自分は過去の自分のおかげなんですよね。

 

過去の自分のどの瞬間も、今の自分に繋がっています。

そう考えると、後悔していたあの時の自分も、

なんだか愛おしく思えませんか?過去の自分も頑張っていたんです。

 

この映画の主人公たちの後悔や葛藤、色々自分にリンクすることもあると思います。

小さな声でも過去の自分に頑張れって言えるような、

そんな気持ちでこの「ゆらり」を観てみたいと思います。

ぜひ、劇場で鑑賞してみてください!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
Pocket

スポンサーリンク

-映画(国内)
-あらすじ, ゆらり, キャスト, ネタバレ, 公開日

執筆者:アンジー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月と雷映画あらすじとネタバレ・キャスト紹介!原作のイメージ通り?初音映莉子と高良健吾が共演

スポンサーリンク スポンサーリンク   直木賞作家、角田光代さんの長編小説 「月と雷」 がついに映画化!   角田さんと言えば 「八日目の蝉」「紙の月」など、 女性としてどのように …

散歩する侵略者あらすじとネタバレ!予兆散歩する侵略者もWOWOW放送決定

スポンサーリンク スポンサーリンク 出典:日活 最近は邦画もCG技術やストーリーの内容が濃い作品が多く、 さらに国内外からも注目されている日本人の監督も増えてきましたよね。 私が観たい邦画を選ぶ決め手 …

亜人実写映画化豪華キャスト・ネタバレ・あらすじと主題歌も公開!9月30日公開!

スポンサーリンク スポンサーリンク 大人気漫画、亜人がついに 実写映画として登場します!   原作は、講談社「good!アフタヌーン」で 2012年から連載されている漫画で、 コミックは65 …

【映画】彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじとネタバレを暴露!キャストには意外なあの人も

スポンサーリンク スポンサーリンク イヤミス(読んだあとに嫌な後味が残るミステリー)の女王と言われる 沼田まほかるさんが2006年に発表した 「彼女がその名を知らない鳥たち」 がとうとう実写版の映画が …

【映画】トリガールのキャスト紹介とあらすじ・ネタバレ劇場公開日を紹介ロケ地は当然琵琶湖!

スポンサーリンク スポンサーリンク   9月公開予定!映画トリガール 今回私が注目している映画は、9月公開予定のトリガールです。 毎年テレビても放送されている鳥人間コンテストに向けて頑張って …